工法紹介
>>工法紹介 >>土木工事 >>落石防止工事

エコ・パワーネット工法

素線強度1,770N/mm2を誇る高強度ネットとネイル(異形棒鋼)を組合せた、柔構造の斜面安定工法です。高強度ネットの力学的特性を十分に発揮させることにより、安全かつ短い工期で斜面安定を図ることができます。

●主な特長
1 環境負荷に関わる影響
コンクリート構造物に比べCO2排出量が極端に少ない。(1/6〜1/9程度)

2 耐震性・耐凍上性
構造体が柔構造のために、地震や凍上隆起などによる地山の歪みに対して追随性が高く、影響を受けにくい。また、構造体が破壊することも少ない。

3 品質の精度と施工管理の多忙度
骨材やセメント等一次素材による現場生産と異なり、工場生産の二次製品による現場築造のため、均質で安定した品質管理ができる。日々の管理対象数も現場生産に比べ少なくなり、本来の施工管理に邁進できる。

4 気象条件による影響
構造体が二次製品であり、寒冷地の冬季施工、雨天による作業遅延など気象条件による施工の制約を受けることは少ない。

5 工程・工期
作業工種が少なく、その作業工種も二次製品を扱う作業のため軽易な作業となる。また、併せて気象条件による制約も少ないことも合わせると、従来工法(コンクリート構造物など)に比べ画期的な工期短縮となる。

エコ・パワーネット工法会
〒160-0004東京都新宿区四谷2-10-3 TMSビル
TEL.03-5366-9838/FAX.03-5367-5066
http://isabou.net/epn/



クモの巣ネット工法
クモの巣ネット工法は、防食加工した高強度な硬鋼線ネットとクモ用プレート及び補強材等の組み合わせで比較的小荷重のすべり力を抑止する脱コンクリート法面保護工法です。

●主な特長
1 高強度ネットを使用
高強度ネット(防食加工した高強度な硬鋼線ネット)を法面全体に被せるように張り、それにクモ用プレート及び補強材等を組合せた法面保護工法で崩壊土塊の中抜けの心配はありません。

2 優れた美観性
コンクリート構造物を一切使用しないで、法面全体に緑化工等が併用できます。その際、高強度ネット等も隠れ人工的構造物が目立たない環境になります。

3 コスト縮減
法面上での鉄筋の組立やコンクリートの打設等が不要なため、施工管理が容易でしかも工期も短縮できコスト縮減にな ります。

4 ざぶとん裏込工法
地山に凹凸がある場合でも、ざぶとん裏込工法を併用すればクモ用プレートが地山に密着できます。

エコ・パワーネット工法会
〒160-0004東京都新宿区四谷2-10-3 TMSビル
TEL.03-5366-9838/FAX.03-5367-5066
http://isabou.net/epn/



ロープネット工法

ロープネットは、雑木・植林のある法面の落石防止工として最適です。ワイヤロープを立木を避けて張る工法ですので、最小限の伐採で済みます。大きな浮石を押さえ込むのに適した構造になっていますが、小さな浮石がある法面ではロックネット・ロックフェンスとの併用により効果を発揮します。

●主な特長

1 雑木、植林の伐採が最小限で施工できます。
金網を使用せずに、ワイヤロープにて現地に合せて、架設しますので立木の伐採が最小限で施工ができ、自然林の緑の美観を損ないません。

2 斜面の浮石を安定させます。
柔軟性に富んだ強度の高いワイヤロープを法面に密着して張り、点在する浮石を押え込む工法ですので、ある程度の大きな浮石の転落を防止し、斜面を安定させます。また補強ロープ間隔を小さくすれば、より小さな落石も防止できます。

3 施工性に優れています。
使用材料及び使用機械は軽量ですので、施工が容易です。

4 仮設としても適しています。
切取り法面の下に道路あるいは建造物がある場合、法面に仮設として設置し、法尻に仮設柵を併用すればある程度の大きな落石が防止でき、上から順に撤去しながら切り取りが安全に進められます。

5 部分的に金網の併用もできます。
ロープのマス目50cmから洩れる浮石等がある箇所には金網を併用し落石を防止することができます。施工箇所の全体に金網が必要とする箇所にはマイティーネット工を採用して下さい。

シーシーエム協会
〒103-8306東京都中央区日本橋室町2-3-14(古河ビル4F)
TEL.03-3242-1401/FAX.03-3242-7584
http://www.ccm-kyokai.jp/



ロックマスター工法

素線強度1,770N/mm2を誇る高強度ネットとネイル(異形棒鋼)を組合せた、柔構造の斜面安定工法です。高強度ネットの力学的特性を十分に発揮させることにより、安全かつ短い工期で斜面安定を図ることができます。

●主な特長
1 環境負荷に関わる影響
コンクリート構造物に比べCO2排出量が極端に少ない。(1/6〜1/9程度)

2 耐震性・耐凍上性
構造体が柔構造のために、地震や凍上隆起などによる地山の歪みに対して追随性が高く、影響を受けにくい。また、構造体が破壊することも少ない。

3 品質の精度と施工管理の多忙度
骨材やセメント等一次素材による現場生産と異なり、工場生産の二次製品による現場築造のため、均質で安定した品質管理ができる。日々の管理対象数も現場生産に比べ少なくなり、本来の施工管理に邁進できる。

4 気象条件による影響
構造体が二次製品であり、寒冷地の冬季施工、雨天による作業遅延など気象条件による施工の制約を受けることは少ない。

5 工程・工期
作業工種が少なく、その作業工種も二次製品を扱う作業のため軽易な作業となる。また、併せて気象条件による制約も少ないことも合わせると、従来工法(コンクリート構造物など)に比べ画期的な工期短縮となる。

エコ・パワーネット工法会
〒160-0004東京都新宿区四谷2-10-3 TMSビル
TEL.03-5366-9838/FAX.03-5367-5066
http://isabou.net/epn/